冬になり、お湯で洗い物をする事が増え

私の手は、ヒビが入り粉がふいている

状態です。

今年は特にあかぎれ(パックリ割れ)が

ひどくて、大掃除どころじゃない…

でもやらなきゃいかんというワケで

超薄手のゴム手袋で家事をする事に。

早速手にはめてみると、ドラマで見る

手術前の医者みたく顔がキリッ

となり気合いも入ります。

ただ皿洗いは汚れや洗剤が本当に落ちて

いるのか気になるので、スポンジを持つ

右手だけゴム手袋しました。

それでも何もつけないより断然イイ!

あかぎれの痛みなんて全く感じません!

私は右手に頑丈な防具をつけ、最前線で

戦う戦士にでもなったつもりでした。

しかしこのなりきりが良くなかった…。

洗い物をしてる横で、やかんのお茶が

沸騰したのでいつもの通り蓋を取ろうと

しました。いつもなら蓋が熱いので

ふきんをあててツマミを引き上げるの

ですが、この時の私は

右手を完全防備した戦士!

もちろんその手で蓋をはずしますとも!

…その結果、

ファイル 2018-12-30 13 51 48

極薄のゴム手袋ですからね。

そうなるに決まってます…。

皆さんに注意喚起のつもりで記事を

書きましたが、多分そんな事する人は

私以外いませんよね…?

それじゃあどこかで見た記事ですが…

冬場やフリース素材の衣服を着たまま

コンロの火をつけた時、火が直接衣服に

触れていなくても燃え移るらしいので

くれぐれもご注意下さい!

せっかく読んで下さった方に

せめてもの情報でした(・・;)